*** £15 per month. Unlimited access to virtual art classes, courses, clubs and art projects ***

科学的に裏付けられた子どものための勉強法5選! [Japanese version]

科学的に裏付けられた、より効率的で効果的な勉強や学習のための5つの最高のテクニックをご紹介します。この記事は、 アーメッド・ザイディ氏のビデオにヒントを得て、子どもの教育用に編集したものです。

アーメッド・ザイディ氏は、ケンブリッジ大学の人工知能研究者で、テクノロジーと人工知能がどのように教育に効果的に用いることができるかを研究しています。

  1. 自己テスト

  • 方法

自己テストとは、子どもがまず教材を学習し、その後、教材を見返すことなく、できるだけ多くの内容を思い出したり、特定の質問に答えたりする学習方法です。

お子さまが言語(英語など)を学んでいる場合、片面に母国語、もう片面に英語の単語ペアを書いておけば、お子さまは片面を覆ってからもう片面を覆うことで、自分でテストをすることができます。子どもたちは、英単語だけを見ているときよりも、はるかに内容を覚えやすくなります。

  • メリット

自分自身で試すことで、頭の中の記憶力を強制的に向上させることができます。

  1. 分散型学習

  • 方法

分散型学習とは、学習を複数の短いセッションに分けて、長い期間にわたって行う学習方法です。

新しい言語を毎日(例:1日目、2日目、3日目)復習するのではなく、1日目、2日目、4日目、8日目、16日目など、日が経つにつれて間隔を広げていく方がはるかに効果的です。

  • メリット

私たちは皆、指数関数的な速さで覚えたことを忘れていきます。それに対抗するには、間隔を空けて分散させた復習のテクニックが効果的です。

  1. 入念な問いかけ

  • 方法

入念な問いかけとは、情報が提示されたときに、子どもが「なぜ」という質問に答えることです。この方法論は、事実に基づいた情報を学習するときに特に効果的です。言語を学ぶときには、それほど効果的ではないかもしれません。

コアラは絶滅危惧種です。なぜですか?頭数が少ないから?それはなぜ?世界の特定の気候・地域で生存しているから。なぜそうなのか?その地域にはユーカリの葉があり、それが彼らの唯一の食べ物だから?なぜだろう?をこの後も続けます。

  • メリット

この方法は、子どもたちがすでに知っている知識とリンクさせるのに役立ちます。内容の間にメモリーマップを作ることができ、異なる文章や異なる事実情報の間をリンクでつなげていくことができます。

  1. 自己説明

  • 方法

自己説明とは、子どもが理解を深めるために、学習教材の一部を自分自身で説明する学習法です。

子どもたちが学習教材の一部を学習した後、それが既に知っていることやトピックの他の部分とどのように関連しているかを自分で説明しようとします。

  • メリット

学習教材を思い出したり、アイデアをつなぎ合わせてトピックを理解しようとしたり、理解していない部分を見つけ出したりするのに役立ちます。

  1. インターリーブ式学習法

  • 方法

子どもが2つ以上の関連する概念やスキルを学んでいるときに、1つの概念やスキルだけに集中するのではなく、それらを交互に学習することで学習の効果が生まれます。

お子さまがトピックAとトピックBを学習している場合、ある日はAだけを学習し、次の日はBだけを学習するのではなく、2つのトピックを混ぜて学習したり、2つのトピックを交互に学習したりすることで、両方を学習することができます。

  • メリット

さまざまな教科において、新しい情報の保持、新しいスキルの習得、既存の能力の向上に役立ちます。

また、インターリーブ式学習法なら、生徒が同じ内容を異なる環境や知識の文脈の中でしっかりと学習することもできます。同様の効果は、間隔を空けて行う反復学習でも得られます。 

今日の教育システムにおける最大の問題の1つは、私たちが実際に学ぶ方法を決して教えられなかったことです。もし、あなたが上記のテクニックを使ったことがあり、それがどれほど効果的であったかという経験談をお持ちでしたら、ぜひ教えてください。

この記事が役に立ったと思われた方は、アーメッド・ザイディ氏のチャンネルの登録をご検討いただき、ぜひ「高評価」をいただければ幸いです。

アーメッド・ザイディ氏への連絡方法: